Home 環境を知る データで見るライフ&ワークバランス

IT企業はデータが第一です。このページでは、工房社員のライフワークバランスについて、「エビデンス(証拠)を示すデータの数々」をまとめました。私たちの「リアルな働きやすさ・暮らしやすさ」が、きっとひと目で分かります。



働き方改革の一環として、オフィスのフリーアドレス化と服装の自由化を推進。自席やビジネスウェアといった決まりにとらわれず、気軽なカジュアルビズの服装で、自由にデスクを選んで働けるようにしています。さらに、時差出勤制度や短時間正社員制度の導入、在宅勤務やテレワークの活用など、いっそう働きやすい環境づくりを進めています。


この定時が基本ですが、個人の都合や家庭の事情に応じて柔軟に動けるよう「月5回まで時差出退勤できるフレックス勤務制度」を導入しています。11:00~15:00のコアタイムを外さなければ、遅い出社も早い退社も自由なので、役所や病院に寄ってから出社するなど、それぞれ臨機応変に活用しています。


休日:土曜日・日曜日(一部シフト勤務あり)、祝日、年末年始
休暇:有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、ボランティア休暇


業務手当は新卒入社の場合の金額で、キャリア入社の場合は、等級によって変動します。その他、家族・資格・管理手当、時間外・休日・深夜手当等も整っています。


全社員の平均所定外労働時間の実績です。毎月の所定勤務日数は20日程度なので、「1日当たり50数分残業している」計算になります。もちろん、月0時間0分の完全ノー残業を目指して、いっそうの低減を図っています。


新入社員の場合、有給休暇は初年度が10日、2年目が11日と、毎年1日ずつ増えていき、最大で年20日、土日や祝日とつなげて長期の休みを取り、旅行に出かける若手も少なくありません。


いまのところ、取得者はすべて女性ですが、男性にも取得を推奨しているので、今後は育メンも増えていくでしょう。あわせて、子育てと仕事の両立を支援する「短時間正社員制度」の導入をはじめ、復職後も働きやすい職場の実現を目指しています。